アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
青い庭
ブログ紹介
日々つれづれのこと 詩をかいています。
zoom RSS

遥か遠い場所で

2018/04/19 16:42
もう一度会いたい人がいる

サヨナラの代わりに

またいつかどこかで会えると思う

そんな言葉を残していった


いなくなる前に

大きな花束を贈りたかった

それが間に合わなかった後悔もある

後悔のない別れなんて

そうそうないのかもしれないけれど


あの人がまた会えると言ったとき

どんな場面を思い描いていたのだろう

未消化な心が私に問いかける


遥か遠く彼方

あの人のことも私自身のことさえ忘れ去った

そんな場所なような気がして

だとしても会えるなら嬉しいと複雑な気持ちになる




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。いつもとても励まされます。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


今日のテーマ

2018/04/18 17:04
今日のテーマは笑うこと

なんて決めて出かけて行って

大好きなクレープを食べて

真新しい白いスカートに苺ジャムをこぼし

周囲にくすりと笑われた


どうしてこう不器用なのかと泣きそうな寸前

皆に笑顔の輪を広げたのだと言い聞かせる


自分をダメな奴だと思い込んでいた

そんな自分でも知っていく努力を続けていたら

情けなくてもほっておけない愛着が沸いた


無理に好きにならなくても十分やっていけるよと

あの頃のぎこちない笑顔に伝えてあげたい




☆彡

昨日の記事に気持ち玉ありがとうございました。いつも本当にありがとうございます。

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


大空に花びらを

2018/04/17 16:06
春咲く花の困難の多いこと

昨日咲いたのに強風で散らされてしまう


喜びは永遠ではないけれど

努力が報われなかったわけじゃない


そっと花開いた瞬間の明るい春の香

温もりを与え続けてきた太陽の祝福


それ以上はなにも望むべくもないと

ただ咲いたことが嬉しくて微笑む姿


だからこそ風に巻き上げられても

真っ青な大空で舞い遊ぶ花びらたちさえ

尊い命の輝きで満ちていて

見る者に喜びを与えていることも

ちゃんと理解している

ひとり枯れゆくのを待つよりも潔くて美しいと



☆彡


昨日の記事に気持ち玉ありがとうございました。今日はまた一層寒いですね。ご自愛ください。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


君が泣けるように

2018/04/16 16:59
君はそんな非難に値する人じゃない

私が言っても

その心にささった棘は抜けてくれない


無理解の茨で

身動きがとれなくなった君へ

私がしてあげられることが今

何もないのに愕然としている


君は悲しみを飲み込んで

明日も同じように笑うのだろうか


君の悲しみは私にとっても悲しみなのだと

そう思う事実を伝えたら

君は我慢せずに泣くことができるだろうか


泣くことで何か変わるわけじゃないにしても

君が少しでも楽になる方法を探し続けたい


私の想いが君を守る盾になればいいのに




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、どうもありがとうございました。明日もよい一日を!
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


花泣かせ

2018/04/15 16:37
雨降りで薄暗い朝

昨日までの青空が嘘のよう


黒く光るアスファルトの道

茂る鎮守の森からは土と緑の濃厚な香り

ぽたぽたと濡れた枝葉を伝う雨水


民家で咲く桃の花は

水滴の重みでうなだれている


開いたばかりのチューリップたちの

カラフルな花壇のある公園も閑散として

雨音だけが響いている


春の雨は花泣かせ

また晴れたなら

虹でもかかったなら

なんて想像しながら深緑色の傘で歩みを進めた





☆彡

前回までの記事に、気持ち玉、どうもありがとうございました。

一日休んでいる間に、沢山の方がきてくださったりコメントをいただいたりしていて、大変ありがたかったです。

お礼が遅れてごめんなさい。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


新緑に風が吹いて

2018/04/13 17:25
草木が生い茂り

ところどころに花の咲く道


言葉なく静かに

色彩は豊かで賑やかに

季節ごとに私を迎えてくれる


梅林のすぐ傍にある

低木のアーチの奥には何があるのか

何年も知らないままで


子供時代に思い切って探検した雑木林は

淡い色をした記憶の中にしかないけれど


風が吹いて揺れる緑を愛している

立ち止まれば清々しい香りがする


大木に手を伸ばせば

そこに居ると思える

ここに在ると思える



☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。ほんとに感謝です。

記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2


誰かではなくて君と

2018/04/12 17:17
君が一緒に歌ってくれたから

楽しいという感情が

心から湧き上がるのを覚えた


誰といようが

誰が離れて行こうが

そんなに変わらないと

決めつけていた日々の面影が

嘘のように消えていって


そこには初めての恋にも似た

秘めた喜びがあった


信じあえる

一緒に笑いあえる

大切な人といるという

この無敵感に出会えてよかった





☆彡

昨日の記事に気持ち玉、どうもありがとうございました。大変勇気づけられます。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


大切な一日

2018/04/11 17:44
落ち込む理由が五万とある日も

メールをうっている途中で

その送信相手からメールが来たり

遠くにいても心がつながる現象

今までにそれが一度や二度でないのを見ると

魔法の欠片が引き寄せる偶然かな

なんて嬉しくなる


単純なほうがいいとか

複雑なほうが楽しいとか

そこにたどり着くまでの問によっては

答えはコロコロと変わる


ブレないでいるかっこよさを思うにつけ

天性の不器用さだけはブレてないなんて

いらない答えばっかりなのに


日々を越えていく力は体の中心に

揺るがずにあるのを感じる

まあそれだけあれば許してあげよう

なんて自分を甘やかす日も

私にとっては二度とない大切な一日



☆彡

昨日までの記事に、気持ち玉、どうもありがとうございました。頑張ります。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


絆を求めて

2018/04/10 17:09
思いもよらないところから

攻撃と批判の雨あられ

一人では立ち直れそうにないときに

君は当たり前のように傍にいて

普通に笑ってくれた


切れない絆を信じたい


けれどたぶん

自分自身が相手を信じぬけるか

それが大事であって

大切な人が絆に値するかなんて

値踏みはきっと必要のないこと


想いを汲んでただ傍にいてくれる人がいる

それだけでも大変にありがたいもの




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございます。明日もよい一日をお過ごしください。

記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


窓辺から

2018/04/09 17:07
四角い窓から見える春の庭は

意図もせずにいたけれど絵画のよう


流れる景色の一部分を切り取って

あるのは何気ない日常なのがいい

私は紅茶を飲みながら眺めるだけ


柘植の木にメジロがとまっている

小さな花壇の先にある低い塀の外を

子供たちが笑ったり叫びながら通りすぎる

午後のうららかな庭では

それ以上の事件は起きそうもない


つい大きなあくびが出る

こんな穏やかな日があるのを

とびきり愛おしいような

ちょっと切ないような気持ちになった




☆彡

前回の記事に気持ち玉ありがとうございます。今日は寒いですねご自愛ください。

記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


ひとりの空

2018/04/07 17:25
ぽかんとして暖かいせいか

都会のビルの群れ

飛行機雲が走る空の下はどこか寂しい


歩みを止めては置いていかれる

なんて私はいつの間に

一体何と競争していたんだろう


花は自らに問う

私は一体何者ですか

その答えは咲いてみないと誰にも

自分にだってさえわからない


それでも春が来れば自然の理で花開く


だから私も焦らずに歩いていこう

いつが私の春なのかは

この先ではっきりわかるはずだから




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。よい休日をお過ごしください。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 2


強すぎる風

2018/04/06 16:29
強い風に巻かれると

勇敢な気持ちになる


髪をなびかせ大地に足をつけて立ち

全世界と相対峙しているような

踏み出す勇気を試されているような


突風は攻撃的な強さで

自転車が倒れたり

ゴミ袋が空に舞っていたり


それでも目的地に向かわなければ

遅刻するわけにもいかず

腕で目を砂ぼこりから守りながら前進


春のうちには何回かある

そんな日はなんだか

ずっといかめしい顔でいる



☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。大変うれしかったです。

記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


澄んだ空

2018/04/05 16:49
涙を流すのはとても大切

そういったのは笑顔が美しい人


辛い感情を押し流すためには

うわっと声をあげてでも泣いたほうがいい


そうすれば自分がどれほど辛いかが

自分でちゃんと理解できる


たぶん誰かに知ってもらうためじゃない


心が洗われたあとは

やっぱり空が澄んで見える



☆彡


昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。明日もいい日になりますように。


記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


夕焼けの道

2018/04/04 16:54
どんなに遠くなっても

手と手をつないだ帰り道

赤い夕陽に伸びる影を思い出す


笑い声や会話があった気もするれど

鮮明なのは安心で満ちていたこと

もうすぐに我が家が見えてくる場所で


帰る家は当たり前にあるわけじゃない

それを建てて守る人がいたから

守りたい家族を想う人がいたから

私はそこにいられたのだと


どんなに遠くなっても

あの日の夕焼けの場面が

脳裏から消えないのは


守ってくれていた人の努力のぶん

きっとそれが報わていたぶん





☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。春なのに暑いですね。体調にお気をつけください。

記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0


望むように

2018/04/02 16:57
毎日を小さな喜びで満たすなら

季節の些細な変化に気が付いていける

昨日蕾だった路地裏の花が咲いていたり


毎日を小さな希望で満たすなら

切り立った岩山を登るのに一歩ずつでも

それでいいのだと根気強くいられる


毎日を小さな笑いで満たすなら

落ち込みそうなときやもうダメだと思うとき

軽いユーモアで心の暗雲を吹き飛ばせる


毎日していることは癖となり技となり人生になる


私たちはいつだって小さな何かに感情を刺激され

思い通りにいかないこともある


だから元気を取り戻す方法も

とっても小さなことでいい

ただ望むようにあることができるといい



☆彡


昨日の記事に気持ち玉ありがとうございました。いい陽気ですね。明日もよいことがありますように。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


小さな星たち

2018/04/01 17:26
ゆったりとした心で夜を迎える

ずっと怖がりだった私が

闇が怖いものじゃないと気が付いた時には

とっくに大人になっていた


怖いのは闇ではなくて

そこに潜んでいるかもしれない

得体の知れない何か

よく目をこらせば小さな星たちが光ってる

そうわかったときから夜が好きになった


もしかしたら恐れという感情が邪魔をして

好きになれていない物事は

暗闇の他にもたくさんあるのかもしれない




☆彡

昨日の記事に気持ち玉ありがとうございました。新しい月になりましたね。がんばるぞ。

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


茜空

2018/03/31 16:49
寂しさは茜空

心に穴が空いた感じでも

優しく包まれる


赤い光に照らされているつかの間に

やりきれない気持ちは涙にして流そう

たぶん同じ時間に同じ道を歩く

明日の私のために今


数えるなら空の星

闇のヴェールが迫りくる

弱さが見えても


私の感情だとそのまんま受け止めて

あまりいらないプライドやしがらみを

みんな捨て去ってまた前を向こう

これからの私のために今




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。春の陽気ですね。明日もよい一日を。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


春気分

2018/03/30 16:59
朝が来るたびに新しい気分になれる

陽気のいい日にはなおさら


晴れ続きの週末

雲もまばらな青空

田舎道の菜の花には紋白蝶


穏やかに日が照って

空気がぬくもればもう

惚けていると思われても仕方ないくらい

明るい気持ちで晴れやかで

嬉しくて仕方ない


恋でも趣味でも

なんでもいいから新しく始めたくなる

じゃれあっている野良猫たちに笑われても

春だから構わない





☆彡

昨日の記事などに、気持ち玉ありがとうございます。急にまた寒いですね。ご自愛ください。

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


四月の窓から

2018/03/29 16:58
窓の外が騒がしいので見てみたら

お隣さんが引越しの準備

若葉の季節がやってきた

四月からはいろんなものが新しくなる


一抹の寂しさに後ろ髪をひかれても

幼稚園の頃からこのサイクルで生きてきた

新しいクラスにあの子はいるだろうか

なんて不安と期待でいっぱいになっていた


クラス替えの掲示板を見て泣き笑いする

すべての子供たちの一年が健やかであるよう

物言わずに佇む桜の木々と共に願う




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、どうもありがとうございます。暑いですね。体調にお気をつけください。

記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


桜吹雪

2018/03/28 17:00
桜吹雪は切なさを誘い

私の黒い髪を舞わせた


散っていく様が美しいのは潔よくあり

悲しみを早く終わらせようとしているようでもあり


それでもただ散るさまを惜しむのは

桜の本意じゃないような気もするのだ


新しい門出に向かう大切な人たちへ

薄紅色の花びらを

渾身の力で降らせては

最後のはなむけにする


その姿は皆の思い出の中に




☆彡

昨日の記事に気持ち玉、ありがとうございました。いつも本当に、ありがとうございます。

記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

青い庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる